忍者ブログ

カウンター

プロモーション

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

AntinomyMy の実験室

   私のWEBアプリ実験室です!

ブログ内検索

楽天でお買い物

twitter

最新トラックバック

最新コメント

忍者アナライズ

ウェザーニュース

バーコード

本を買う

アクセス解析

Google+

PHPのインストール関連のURL と 疑問 (2/6) ~ダウンロードとインストール~

PHP の調べ物

前回(~PHPをしてみようと模索~)の話は結局ですがPHP のパッケージの配布形態に、
Web サーバーの設定をしてくれるであろうインストールウィザードを用いるか、
それとも手動で行うかの違いに悩んだ所で終わった訳です。

後になって気がついたのですが、私と同じ様にインストーラーのウィザードを使うかどうか迷い、
使う方と使わない方の両方を試した方のサイトがありました。

<私が知りたい事に対して参考になったURL>
PHPの基礎体力 >PHP5のインストール

初心者には初めから細かくやっていると、実際は苦な部分もあり進まなくなるので
ある程度、知らない人に対してどう違うのかとか、やってみてくれていることは
とても有り難く思えました。

今回は私の知りたい事について多少触れていて教えてくれるサイトが、
ネット上で探したら出たのでよかったです。

ですがこのブログの目的としては、何に迷ったか残こしてメモをして
1つずつ明確にして行こうと思った部分もあったので、
この先でその必要性が強く感じられた場合は、
やはり自分でそのウィザードの挙動を調べてみようと思います。

結局ですがインストール後の設定についてサイトを調べた所
いくつかのPHP のインストール方法がある
様でした。

以下、その違いについて簡略的ですが記述致します。



<違い1 Windows のプロセスがEXE やDLL を探す方法の違い>

PHP のインストール場所をOSがDLL やEXE を探す規定の場所にPHP のDLL を置く方法

<参考URL>
PHP 5.0.4 > php5ts.dllとphp.ini-recommended の移動 [Windowsへのインストール]
2php  PHPのインストール(Windows)

PHP5のインストールと設定 - [データベース]All About
PHPのインストール >PHPのインストール方法 (例:WindowsXP)

もしくは

 

PHP のDLL が置いてある場所を環境変数のPATH に書き、指定してPHPのDLL を探させる方法

<参考URL>
PATHの設定 - PHP環境設定 - PHPインストールと初期設定

の2種類が見受けられた。


 



<違い2 Apache のバージョンにより、PHP の設定ファイルの置き場所が変えられる場合の違い>

 

Apache2.0未満の場合にOSが探す規定の場所にPHP のphp.ini を置く方法

もしくは
Apache2.0以上 の設定ファイル内でPHPIniDir でphp.ini のある場所を指定する方法
がありました。

参考URLは色々重複するので直接は載せません。
 

OSが探す規定の場所を用いる場合は、
Windows の9x 系と、NT 系で微妙に違いは有りますが、
基本的にWindows フォルダ、 system フォルダ、
system32 フォルダのどれかとしていて
サイトによって違いがあります。

私は何か曖昧に感じるパスの通し方に思えるし、
設定をどこかに書いて指定出来るのであれば、
切り離しをして考えたり、場合によっては設定を変えて
使い分けなどが出来そうなので、
Apache2.0以上のバージョンの設定ファイルを変更する方法を
使ってみようと思います。


とりあえず、具体的な細かい内容を書きましたが、
今回はZip形式を展開して、そのディレクトリから他のディレクトリへ何か
移したりはしない方法(参考:PHP 5.2.6のインストール)を使いました。
単純に展開し、DLL などを移動しない方法を使っています。
違いとしては、私のダウンロードした物はPHP 5.3.0 でした。

 また、最近(2009年9月7日)PHP 公式のマニュアルインストール を見たところ、
Path を用いることをVerUPの観点から推奨している様です。


次回(~インストール後の設定を模索~)へ続く


余談
当たり前の様にパスの話をしているのですが、
なんだか気持が悪くて仕方がありません。
例えばですがWindows 2000 ではOS が入っている
システムドライブのルートディレクトリに、
タスクマネージャと同じ名前の実行ファイルを置くと
勝手にそのルート側にある実行ファイルを優先して使うという
現象があったりして、例えば数ヶ所パスが通る(ファイルが見つかる状態)に
してあったとして、どのパスを優先に使うかが決まっているのですが、
その順番などを知らずに、1つの環境に複数の人が設定をしたりすると
気が付かずに違うファイルを使っていることになりかねないので、
有る程度は調べておくべきだとおもいました。


この補足ではパスが通るとはどう言うことなのか直接では
無い部分もありますが、関連していると思うサイトを載せてメモとしてみます。

<参考URL>
DLLとは?
DLLファイルの検索順番を変更する
DLLの検索
MSDNライブラリ >プラットフォーム SDK >LoadLibraryEx


また、PHP の環境をWindows から簡単に呼び出す方法、
つまりパスを通す方法を用いて、PHP を使いやすくする場合の
参考URLも載せておこうと思います。
<参考URL>
 PATHの設定 - PHP環境設定 - PHPインストールと初期設定
 

 


 

パスの実際の設定のメモ
 

 


 

パスの設定を行うには、Windows XP の例では2通りあり、
GUIの画面から行うか、CUIの画面から行う方法がある。

<GUIでは>
GUIでは、マイコンピューターを右クリックして「プロパティ」か、
それとも[Windowsキー]+[Pause Break キー] を押せば、
システムのプロパティが出る。

そこの「詳細設定」タブを選び、「起動と回復」のグループの下にある
「環境変数」ボタンを押して、「システム環境変数」のリストの中の、
「path」と言う項目に付け加えたいパスを付け加えていく。

例:元にPHPのパスを付け加え
元: %SystemRoot%\system32;%SystemRoot%;%SystemRoot%\System32\Wbem
後: %SystemRoot%\system32;%SystemRoot%;%SystemRoot%\System32\Wbem;C:\Program Files\PHP

つまり<;>で繋いでいくだけである。

<CUIでは>
コマンドプロンプトか、スタートメニューのファイル名を指定して実行で「cmd」と入力し
プロンプトを出し、path コマンドを入力して設定するのだが、誤って「;%path%」を
付け忘れると付け加えではなくて、通していたパス全てが消えてしまうので、注意が必要です。

ちなみにpath /? でヘルプを出して読むと
-------------------------------------------------
実行可能ファイルの検索パスを表示または設定します。

PATH [[ドライブ:]パス[;...][;%PATH%]]
PATH ;

パラメータとして ; (セミコロン) だけを指定すると、すべての検索パスは
クリアされて現在のディレクトリだけが検索されます。
パラメータの指定がなければ、現在のパスが表示されます。
新しいパス設定に %PATH% を指定すると、前のパスが新しい設定に追加されます。

-------------------------------------------------
だそうです。


次回、PHPのインストール関連のURL と 疑問 (3/6) ~インストール後の設定を模索~

拍手[0回]

PR


  • 2009/07/05 13:40

コメント一覧

  • お名前
  • Email

  • コメント

  • Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  • パスワード
[PR]